看護師が看護師寮を利用するメリット

看護師寮って実際どうなの?

看護師が看護師寮を利用するメリット

福利厚生と言っても本当にいろいろな内容があり幅広いですが仕事をする上ではとても重要な意味があります。新卒の場合は<付属病院だから>とか<実習した病院だから>という理由で就職するケースが大半でしょう。

給与や福利厚生の面については、さほど重要視しない人も多いかもしれません。しかし何年か働いていたら福利厚生の待遇によって仕事をする環境が大きくかわってきます。 ここでは、その中の看護師寮を利用する場合のメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

看護師寮というのは一般的には病院の敷地内にあったり病院の周辺にある看護師専用の寮です。独身時代には看護師寮を利用するケースが多いと思います。トイレやお風呂は共同で使うところもあるし最近ではマンションを借り上げている病院もあります。

寮という言葉の響きから受ける印象として、プライバシーがないとか共同生活のようなイメージを思い浮かべるかもしれません。ですが最近の看護師寮はオール電化・オートロック・管理人も24時間体制……というような待遇が良い寮も増えてきています。

賃貸料もその病院によっていろいろで、賃貸料金は無料のところもあるし管理費10,000円のみ自己負担なんていう待遇のところもあります。看護師不足の解消のために福利厚生の充実、特にこういった看護師寮を手厚くしている病院も増えてきているようです。

看護師寮のメリットをまとめておきましょう。 一番目は、賃貸料が安いということで、東京都内でも破格の料金で住めるような条件の病院もありますので、貯蓄を目標にしている看護師にはお勧めです。

二番目は、病院から近いということが言えます。病院の敷地内にある所もありますし、一般的には徒歩圏内で通えるところにあるでしょう。通勤時間がかからないのは勤務時間が不規則な看護師に とったらありがたいです。

では看護師寮のデメリットはどこにあるでしょうか。やはり同じ職場の人が近くにお住まいですから気を使う部分は多いでしょう。「プライベートの面まで先輩にとやかく言われたくない」と引越していく人もいるようです。

マンション借り上げタイプならば、さほど気にはならないようですが、バスやトイレが共同ともなると気になるでしょう。

以上、看護師寮を利用する場合のメリットとデメリットについてご紹介しました。いろいろな看護師寮があるので自分の条件に合うところを探してみるのも良いし、看護師求人サービスならば看護師寮の情報もデータベースに入っているので教えてもらえます。

↑ PAGE TOP